地域情報ブログ

転職ノウハウ2023.10.02

茨城でハイクラス転職を実現するための「持ち込み提案」とは?

こんにちは。リージョナルキャリア茨城のコンサルタント、佐藤です。

茨城で転職したい人にとって、共通した悩みは「求人が少ないこと」です。特に首都圏で経験を積み、現年収1,000万円を超えるようなハイクラス転職者にとって、茨城で魅力のある求人を探すことは非常に難しいと言えます。

大手の転職支援会社に相談したけれど、「茨城には求人がないので、東京で探しましょう」と提案された、という話もよく耳にします。

確かに東京と比べると、茨城は求人が少ないのが現実です。ただ、本当に茨城でのハイクラス転職は不可能なのでしょうか。

今回は、茨城でハイクラス転職を実現するための活路となる「持ち込み提案」についてまとめてみたいと思います。

「持ち込み提案」とは?

「持ち込み提案」とは、簡単に言うと求人の有無に関わらず、企業に対して自分を売り込んでいくことです。

一般的な転職活動は、すでにある求人(非公開求人含む)に対して応募をしますが、一方で「持ち込み提案」は企業に提案をして、自分のための求人を作り出していくイメージです。

なお、自分自身で企業に「持ち込み提案」をするケースと、私たちのような転職支援会社を通じて企業に「持ち込み提案」をするケースがあります。

なぜ「持ち込み提案」が有効なのか?

茨城でハイクラス転職を実現するために「持ち込み提案」が有効である理由はいくつかあります。それぞれ関連していますので、順番に解説したいと思います。

|茨城はオーナー企業が多く柔軟な採用が可能

大手企業の場合、人事部が採用窓口になり、年度ごと職種ごとに募集枠を設けていることがほとんどです。

一方でオーナー企業の場合は、経営者自ら採用窓口になり「良い人がいればいつでも採用する」というスタンスで採用活動を行っているケースがあります。

茨城はオーナー企業が多いのが特徴で、募集枠に縛られることなく、柔軟に採用をすることができる会社が少なくありません。そのため「持ち込み提案」をする余地が大いにあると言えます。

|茨城の企業は求人ニーズがあっても求人票にできていない

茨城には「良い人がいればいつでも採用する」というスタンスの会社がありますが、残念ながらウェブで検索しても求人は見つかりません。

なぜなら、ほとんどの経営者は、この「良い人」を言語化して求人票に書き起こすということまではしていないからです。

このように経営者の頭の中だけの求人ニーズがあり、「持ち込み提案」によってそれを顕在化することができます。

|茨城でハイクラス転職するには「持ち込み提案」が有効

こうして顕在化していないものの多くが、経営ビジョンや経営課題に直結した求人ニーズです。

経営者は常に「○○がしたい」「××を解決したい」といった経営ビジョンや経営課題に思いを巡らせています。しかし、具体的にどうすればそれが実現できるのか、というところにまでは辿り着いていません。

そのときに「持ち込み提案」があると、「この人が採用できれば、○○が実現できる!」というイメージができる、ということが多々あります。

このような経営ビジョンや経営課題に直結した採用は、経営者にとって特に重要です。そのため、一般的な採用とは別枠として待遇や条件が決定されることから、ハイクラス転職が実現しやすくなります。

茨城で「持ち込み提案」する際に知っておきたいこと

茨城でハイクラス転職を実現するために「持ち込み提案」が有効だとしても、実際には簡単ではありません。「持ち込み提案」をするうえで、知っておきたいこと、注意点などを順番に解説します。

|経営者に成長意欲があることが前提

「オーナー経営者は良い人がいればいつでも採用する」と前述しましたが、これは経営者自身に「会社を成長させたい」という強い意思があることが前提です。

強い意思がなければ、あえて中途採用でハイクラス転職者を受け入れるというリスクを負う意味がないからです。

|茨城で成長意欲がある会社・経営者を見つけることが難しい

では次に「茨城でどうやって成長意欲のある会社・経営者を見つけるか」ですが、これが転職希望者にとって一番難しい問題です。

ウェブで検索して得られることは限られており、そのなかでも比較的情報が得られやすいのは上場企業ですが、茨城には16社しかありません。

また、茨城の会社に精通している、多くの経営者とコネクションを持っているという人はごくわずかだと思います。

|自分で「持ち込み提案」が難しければ、転職支援会社を頼る

もし自分で「持ち込み提案」する企業が見つけられないという場合は、茨城の転職支援会社に相談することも検討すると良いでしょう。

茨城に根差した転職支援会社であれば、すべてではないにしろ、地元の成長意欲がある会社・経営者の情報を持っている可能性があります。そうした転職支援会社と出会うことができれば、強い味方になってくれるはずです。

自分のキャリアや強みをしっかりと伝え、成長意欲がある会社・経営者に「持ち込み提案」してもらいましょう。

|茨城で「持ち込み提案」をする場合は、早めに転職活動をはじめる

茨城で「持ち込み提案」をして転職活動をする場合、「転職しなければならない」状態になってからでは遅い場合があります。なるべく「検討段階」から転職活動をスタートすることをお勧めします。

なぜなら、自分のキャリアや強みとマッチする、経営ビジョンや経営課題を持つ会社と出会うにはタイミングもあるからです。

自分で「持ち込み提案」をする場合も、転職支援会社に依頼する場合も、どちらにしても早めに転職活動をはじめることが大切です。


以上、茨城でハイクラス転職を実現するための活路となる「持ち込み提案」についてまとめました。

茨城でハイクラス転職をお考えであれば、ぜひリージョナルキャリア茨城にご相談ください。

<あわせて読みたい>

【転職ノウハウ】茨城の上場企業へ転職をお考えの方にお伝えしたいこと|リージョナルキャリア
thumbnail
茨城県へのU・Iターン転職を支援するキャリアコンサルタントがお届けする地域情報・キャリア情報ブログです「【転職ノウハウ】茨城の上場企業へ転職をお考えの方にお伝えしたいこと」/リージョナルキャリアは「大切な人のそばで、らしく暮らす。心が安らぐ街で、あつく働く。」をテーマに、地方での理想的なキャリアの実現を支援しています。
https://www.regional.co.jp/staffblog/detail/13188

▼茨城専任のコンサルタントへのキャリア相談はこちら

個別キャリア相談会 開催一覧

▼茨城の公開求人はこちら

茨城求人 一覧

この記事を書いた人

コンサルタント 
佐藤 照昭

バックナンバー

転職ノウハウ

2023.11.10

30代で茨城県にUターン転職するなら知っておくべき4つのこと

こんにちは。リージョナルキャリア茨城のコンサルタント、佐藤です。 私は茨城県を専門に転職支援をしています。特に首都圏にお住いの30代の方から「茨城県にUターン転職したい」という相談を受けることが多くあります。 そこで今回は、30代の方が茨城県にUターン転職するにあたって、知っておくべきことを4つまと

その他

2023.11.06

指標から見た茨城│人の動き・住まい・産業の特徴

こんにちは。リージョナルキャリア茨城スタッフです。 茨城県のHPでは「指標から見た茨城(最終閲覧日2023年11月6日)」として、県民生活に関わりの深い104の項目をピックアップし、47都道府県における茨城県の順位と数値を公開しています。 今回はその中から、茨城県の特徴が表れていると感じた指標をいく

その他

2023.07.14

【暮らし】統計調査からみる/東京都と茨城県の物価~2023年編~

こんにちは。リージョナルキャリア茨城スタッフです。 2020年の統計調査からみる東京都と茨城県の物価記事を最新のデータに更新してお伝えします。 茨城へ移住を検討されている方の参考になると幸いです。 今回は2023年4月21日に発表された小売物価統計調査結果をもとにまとめており、水戸市と東京都区部(2

転職ノウハウ

2023.07.12

2023年上半期・リージョナルキャリア茨城利用者の満足度アンケート

こんにちは。リージョナルキャリア茨城スタッフです。 2023年も、早くも上半期が終了しました。一般的には6月にボーナスが支給される企業が多く、ボーナスを貰ったところで「そろそろ転職を・・・」と考える人も多いのではないかと思います。 今年中に転職を実現したい方も、そろそろ動きを加速する時期ですね。では

レジャー

2023.07.03

茨城県観光 お蔵入り写真集

こんにちは。リージョナルキャリア茨城のコンサルタント、佐藤です。 これまで高萩市からはじまり、北茨城市、大子町、常陸大宮市、常陸太田市、日立市と観光してきました。 撮れ高が多い場合にはブログを複数に分割したこともありましたが、それでもどうしてもお蔵入りとなってしまった観光地や撮影した写真があります。

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る